お金を使うきっかけを作らない工夫

ショッピングや旅行など、お金を使いたい誘惑が世の中には溢れています。しかし無計画にお金を使っていては、将来困った事になるのは当然です。若い人でもこれからの事を考えると、計画的に貯蓄に励まなければなりません。

どうしても欲しいものを見ると買ってしまうという人でも、少し工夫をすれば、不要な買い物を避け貯金を増やす事は十分に可能です。まずは浪費のきっかけになるものは、できるだけ遠ざけることが大切。商品カタログを眺めているとその中にどうしても欲しいものが見つかってしまい、そうなると自制心だけで買い物の強い衝動を抑えるのは難しいものです。不用意に欲しくなるものを見つけてしまう前に、浪費のきっかけに自ら近づない配慮が貯蓄を増やすテクニックです。

現実に貯金がなかなか貯まらないという人は、用がないにも関わらずショッピングモールに出掛けたり、あるいは商品カタログを集めるといった行動が習慣化している可能性が考えられます。普段の行動を振り返ってみて、浪費につながる行動があれば控えたが方が望ましいでしょう。また何か集中して打ち込むことを見つけることも、浪費を無くして貯蓄をを増やす高い効果があります。時間に余裕があり暇が多いと、時間を持て余してしまいつい浪費に走りがちになってしまいます。常になにかに集中している状態を維持できればお金を使う事は必然的に少なくなります。創作活動や習い事など、時間を忘れてしまうほど熱中できる自分なりの楽しみを見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です